カート
ユーザー
絞り込む
商品一覧
グループ
コンテンツ
1/29(土)チャリティ公演 国立能楽堂×田中彩子 モノオペラ『ガラシャ』 B席
6,000円(内税)
1/29(土)チャリティ公演 国立能楽堂×田中彩子 モノオペラ『ガラシャ』 B席
6,000円(内税)
2019 年 Newsweek 誌 「世界が尊敬する日本人 100」 に選出されたソプラノ歌手、田中彩子が主演・プロデュースする『ガラシャ 能楽堂版』(世界初演)は、”モノオペラ”という西洋音楽と”能”という日本の伝統芸能で演じられます。

ガラシャとは、明智光秀の娘・玉(たま)のこと。細川忠興と結婚、高山右近などの影響でキリシタンとなり、「ガラシャ」となりました。この作品は石田三成の兵に囲まれ、進退窮まったガラシャを介錯した、小笠原少斎の語りです。和と洋が織りなす「美」をどうぞお見逃しなく。

コンサートの純益は、難民支援などAAR Japan[難民を助ける会]の活動に充てられます。

モノオペラとは・・・登場人物が極めて少なく、1時間ほどのコンパクトな演目で、ショートオペラ、モノドラマといわれる作品形式のこと

日時:2022年1月29日(土)午後5時 開演(午後4時開場)
会場:国立能楽堂(渋谷区千駄ヶ谷4-18-1JR)
   ◇JR中央線・総武線「千駄ヶ谷駅」徒歩5分
   ◇大江戸線「国立競技場駅」A4出口徒歩5分

出演:ガラシャ:田中彩子(ソプラノ)
   小笠原少斎:林宗一郎(能楽師)
   味土野村長の亡霊:茂山逸平(狂言方能楽師)
   祈り:谷本健吾(能楽師)

演奏:北川森央…フルート
   植木昭雄…チェロ
   窪田健志…パーカッション
   川田健太郎…ピアノ

作曲:エステバン・ベンセクリ
脚本:横島 昇

コンサートチケットとチャリティ商品は、配送方法・時期・料金が異なるため、別々にご注文ください。
チケットは、12月末より順次発送予定です。
送料・手数料として1回のご注文につき500円が別途かかります。
恐れ入りますが、就学前のお子様の同伴・入場はご遠慮いただいております。
車いす用のお席をご利用される場合は、事前にAARまでご相談ください。

田中彩子プロフィール
18歳で単身ウィーンに留学。 22歳のとき、スイスベルン州立歌劇場にて同劇場日本人初、且つ最年少でのソリストデビューを飾る。
国際ベルヴェデーレ・オペラ・オペレッタコンクールにてオーストリア代表として本選出場を果たし、ウィーン·フォルクスオーパー歌劇場のオペラ『ホフマン物語』オリンピア役のカバーを務めたことを皮切りに、オーストリア政府公認スポンサー公演モーツァルト『魔笛』の“夜の女王"役で2012年から3年間に渡って出演。
オルフ『カルミナ・ブラーナ』のソリストとして、ウィーン2大コンサートホールの1つウィーン・コンツェルトハウスにて大成功を収め、ロンドン・ロイヤルフィルハーモニー管弦楽団との定期コンサートでイギリスデビュー。作曲家エステバン·ベンセクリが彼女の声にインスピレーションを受け作曲した「コロラトゥーラソプラノとオーケストラの為の5つのサークルソング」でアルゼンチン最優秀初演賞を受賞。
日仏友好160年にパリを中心にフランス全土で開催された日本文化・芸術の祭典「ジャポニスム2018」の公式イベントとして、ルーブル美術館敷地内にてリサイタルコンサートを開催した。
日本でも2014年のデビューアルバムリリース以降、毎年全国でのリサイタルツアーや、東京交響楽団等主要オーケストラの定期演奏会への出演などの演奏活動を重ねている。 「題名のない音楽会」や「情熱大陸」「白の美術館」などのメディア出演も多数。UNESCOやオーストリア政府の後援によりウィーンで開催されている、青少年演奏者支援を目的としたSCL国際青少年音楽祭に2018年より出演。アルゼンチン政府が支援し、様々な人種や家庭環境で育った青少年に音楽を通して教育を施す目的で設立されたアルゼンチン国立青少年オーケストラとも共演するなど、社会貢献活動にも携わっている。
2019年 Newsweek誌 「世界が尊敬する日本人100」 に選出。Japan Association for Music Education Program /代表理事。京都府舞鶴市出身、ウィーン在住。2019年に発売したアルバム『Esteban Benzecry』がイギリスBBCクラシック専門音楽誌にて5つ星に評された。